プロミス審査甘い

\プロミス無人契約機で借りる/

トップページ

プロミス無人契約機で一番早く確実に借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホでのネット申込後カード受け取り、ATMで引き出すのが最短の借り方です。はじめてなら30日間無利息サービスもありますよ。

PCスマホからWEB申込してからプロミス無人契約機に行く事でかなりの時間を短縮できます!では早速その流れをみていきましょう。

プロミス無人契約機
WEB申込後に借りる流れとは?

①スマホPCから申し込み

まずスマホなどからWEB申込で審査を受けておく事で契約機内での待ち時間が短縮できます。

ネット審査で審査回答を受け取ってから無人契約機に向かうのがコツ!

②無人契約機で手続き

運転免許証などの必要書類を持ってプロミス無人契約機に行きます。書類をスキャンして提出すれば最短時間でカード発行になりますよ。

また、無人契約機への出入りや待ち時間が多いとリスクが上がります。プロミスでの借入を誰にもバレたくないならスマホからの申し込み後で無人契約機でのカード受け取りをして明細書の郵送なしでメール受け取りを選択しましょう。

③ATMで出金します!

ローンカードが発行されたらプロミスのATMやコンビニなどの提携ATMから融資を受けることが可能になります。

手数料無料でおすすめなのは三井住友銀行の提携ATM!人に見られてもお金借りてるとバレませんからね。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座があれば24時間振込キャッシング(瞬フリ)が利用できるのも嬉しいポイント。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

PCスマホからWEB完結も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • スピード融資可能!
  • 30日間利息0円!
  • PCスマホで24時間受付!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。正社員以外のパートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【はじめてなら30日間無利息】
※無利息にするにはメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要

【WEB申込後、無人契約機でカード受取で最速】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みし、無人契約機でカードを受け取りすぐにATMから出金できます。せっかく無人契約機に行ったのに待たされた挙句審査に落ちたというリスクもなし!

プロミス無人契約機まとめ

いかがでしたか?
あらかじめWEB申込で審査に通ってから無人契約機に行くメリットを簡単にまとめてみますと、

●時間が早く借りれる!
●無人契約機前で待つ時間を短縮
●契約機で待った挙句審査落ちて借りれないというリスクをなくせる!
ということが言えますね。

事前のプロミスWEB申込が急ぎで借りたいならおすすめですよ。

プロミスQ&A

「借り方が分からない!」
「誰でもすぐ借りれるの?」
「至急!今すぐ借りたい!」

お金で困っている人におすすめのプロミスなのですが、キャッシングの利用が初めての人は不安もあるのではないでしょうか。プロミスに関するよくある質問とその答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいね。

Q.自動無人契約機ではどのくらい時間がかかりますか?

A.30~40分程度です。

通常ですと30~40分程度と言われていますが、もちろん個人の状況により異なります。事前にPCスマホなどからインターネット申し込みをしておくと無人契約機での手続き時間が短縮されるのでおすすめです。

Q.プロミス自動契約機の営業時間は?

A.9:00~22:00です!

プロミス無人契約機の受付時間ですが、【9:00~22:00】となっております。土日祝日も利用可能なのでとても便利ですね。ただ、一部店舗では営業時間が異なることがありますので、詳しく知りたいという人はプロミス公式HPで店舗ATM検索ページをチェックしてみて下さいね。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みの必要書類は基本的には運転免許証のみです。希望借入額が50万円を超えると収入証明書が必要となります。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの説明を添付しましたので参照して下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

Q.プロミス審査の「お勤めの確認」とは?職場に在籍確認の電話があるのですか?電話なしにできませんか?

A.勤務先にプロミスから在籍確認の電話は必ずあります。

「ご本人様がお勤めされている事」を確認・・・ということで、本当に申請したその会社で働いているのかどうか、嘘ではないかという確認のため勤め先に電話がかってきます。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。たとえあなたが不在だったとしても、「今日はお休みです。」「外出しております。」という回答であなたが普段はその会社に勤めているということがわかるのでそれで在籍確認はOKとなります。

プロミスの基礎知識コラム

一旦、プロミスなどのカードローンの審査に通って利用を認められた後でももう一度、審査が行われることもあるようです。



土日祝日にお金が借りたい場合はプロミス無人契約機でお申込することもできますね。



ローンの完済後に解約を行わないまま、長い間カードローンを利用していなかった事例に多く見られ、勤務先や居住物件、家族構成などが、借入をしていない間によくない方に変化した場合を考えてのことです。
再審査に通らなかった場合には、カードを持っていても、カードローンの利用ができません。キャッシングとローンとは酷似していて混同して使用する方もいますが、本当は別物です。



プロミス無人契約機なら誰にも会わずにお金を借りれます。

キャッシングとローンの相違点を説明します。キャッシングはその時借りたお金を翌月の返済日に一度に返済します。

ローンは自分が借りた金額を分割で返していきます。

給料が入るまでの一時しのぎなどにプロミスでのキャッシングを使うことが多いです。

利点がたくさんある制度のカードローンの借り換えですが、場合によってはデメリットになることもあるのです。借り換えたのが今より高い金利の業者だったり、長い返済期間にしてしまったときなどです。


土日祝日にお金が借りたい場合はプロミス無人契約機でお申込することもできますね。


借り換えたことで、より金利の低いローンに切り換えたとしても、返済の期間を長くしてしまったら、結局のところ、金利が増える場合があります。金利ばかりを気にした借り換えでなくデメリットにならないようにしましょう。

キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?プロミスでのキャッシングはサービス母体が銀行のものと消費者金融があります。
銀行のキャッシングサービスは銀行系と総称され、特徴としては総量規制の対象外になります。総量規制とは、融資の金額を年収の3分の1以下にしなければならない規制のことで、無収入の主婦であっても限度額内でお金を借りられます。ノンバンク系のキャッシングはと言うと、なによりも業者の数が多いことが挙げられます。



返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、ちょっと借りてすぐに返したいという人にはピッタリだと思います。

キャッシングでお金を借りている人は今、自分がどのくらいの金利で借りているのか、そして、他の会社の金利も日頃からチェックしておきましょう。
もしも、今の会社より金利が低いところを見つけたら、そちらに借り換えし、毎月の支払い額をちょっとでも減らせるはずです。



ちなみにプロミスなら30日間無利息サービスもあります。

無人ローン契約機もあるので便利ですね。キャッシングでは、コンマいくつの差でも年単位で見るとかなりの金額差になることがわかります。カード会社や銀行で融資を受ける際に必要なものは考えているほど多くありません。個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、最強の身分証明と言われる免許証やパスポートなどが用意できれば、充分でしょう。それらの書類がない場合にも、保険証や給料明細などで柔軟に対応してもらえるようです。
つまり、借りるのはとても簡単なのです。しかしそのあとは返済が始まるのですから、気持ちの良い利用ができるかどうかは、本人次第と言えるでしょう。自分の収入ばかり考えるのではなく、固定支出も考慮し、現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が大切です。ちなみにプロミスなら30日間無利息サービスもあります。

無人ローン契約機もあるので便利ですね。


あとになって延滞ということだけは、ぜったいに避けなければいけません。

便利な本人確認の方法として採用されることの多い暗証番号は、カードローンなどの申し込みの時にも自分で決めて、書類に記入しますが、自分以外の誰かにバレたり、忘れないように、メモをとったりして大切に保管してください。
暗証番号を第三者に教えてしまったりすると、カードが盗られて、許可なくキャッシングされることもあるでしょう。
また、暗証番号を忘れてしまった場合には身分証明書を用意して店頭窓口や自動契約機に行けば、新たに設定することができます。
より便利に使うためにも、キャッシングに申し込む前にいくつかのサービスを比較検討しておくのがおススメです。業者が違えば金利やATMの数に差があるのです。金利の比較はもちろん、便利にキャッシングを利用するためには、借りたり返したりの手続きが楽にできるかどうかも重視したいポイントでしょう。あらかじめ、インターネットでサービスを比較しておけば、ご自分の条件にあてはまる業者が見つかります。

キャッシングの中でも小額のお金でかつ一括返済できるものであれば、無利息で借りられる期間を設定している銀行などの金融機関を是非確認しておきましょう。



借りた分を全額、無利息期間内に返済してしまえば手数料なしで借りられることになるので、とても使いやすく非常に便利です。

一度に返済が難しい場合でも、このような金利や手数料がかからずに利用できるところを探す方が、お金を借りる場合に有利になることもあるので是非、こうした点もよく確認してみましょう。

消費者ローンによって評価基準は違いますが、CMをしているような消費者金融だとそれほど大きな違いはないでしょう。
大きな差異が出るのは規模の小さな消費者金融です。CMで目にするプロミス。スマホ申込やローン無人契約機などから申込できますね。大手の消費者金融に比べて審査基準がキツいとあえて中小の消費者金融から融資を受けるような事はしないでしょう。

プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

今すぐ借りるならこちら↓