プロミス審査甘い

\プロミス無人契約機で借りる/

トップページ

プロミス無人契約機で一番早く確実に借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホでのネット申込後カード受け取り、ATMで引き出すのが最短の借り方です。はじめてなら30日間無利息サービスもありますよ。

PCスマホからWEB申込してからプロミス無人契約機に行く事でかなりの時間を短縮できます!では早速その流れをみていきましょう。

プロミス無人契約機
WEB申込後に借りる流れとは?

①スマホPCから申し込み

まずスマホなどからWEB申込で審査を受けておく事で契約機内での待ち時間が短縮できます。

ネット審査で審査回答を受け取ってから無人契約機に向かうのがコツ!

②無人契約機で手続き

運転免許証などの必要書類を持ってプロミス無人契約機に行きます。書類をスキャンして提出すれば最短時間でカード発行になりますよ。

また、無人契約機への出入りや待ち時間が多いとリスクが上がります。プロミスでの借入を誰にもバレたくないならスマホからの申し込み後で無人契約機でのカード受け取りをして明細書の郵送なしでメール受け取りを選択しましょう。

③ATMで出金します!

ローンカードが発行されたらプロミスのATMやコンビニなどの提携ATMから融資を受けることが可能になります。

手数料無料でおすすめなのは三井住友銀行の提携ATM!人に見られてもお金借りてるとバレませんからね。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座があれば24時間振込キャッシング(瞬フリ)が利用できるのも嬉しいポイント。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

PCスマホからWEB完結も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • スピード融資可能!
  • 30日間利息0円!
  • PCスマホで24時間受付!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。正社員以外のパートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【はじめてなら30日間無利息】
※無利息にするにはメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要

【WEB申込後、無人契約機でカード受取で最速】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みし、無人契約機でカードを受け取りすぐにATMから出金できます。せっかく無人契約機に行ったのに待たされた挙句審査に落ちたというリスクもなし!

プロミス無人契約機まとめ

いかがでしたか?
あらかじめWEB申込で審査に通ってから無人契約機に行くメリットを簡単にまとめてみますと、

●時間が早く借りれる!
●無人契約機前で待つ時間を短縮
●契約機で待った挙句審査落ちて借りれないというリスクをなくせる!
ということが言えますね。

事前のプロミスWEB申込が急ぎで借りたいならおすすめですよ。

プロミスQ&A

「借り方が分からない!」
「誰でもすぐ借りれるの?」
「至急!今すぐ借りたい!」

お金で困っている人におすすめのプロミスなのですが、キャッシングの利用が初めての人は不安もあるのではないでしょうか。プロミスに関するよくある質問とその答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいね。

Q.自動無人契約機ではどのくらい時間がかかりますか?

A.30~40分程度です。

通常ですと30~40分程度と言われていますが、もちろん個人の状況により異なります。事前にPCスマホなどからインターネット申し込みをしておくと無人契約機での手続き時間が短縮されるのでおすすめです。

Q.プロミス自動契約機の営業時間は?

A.9:00~22:00です!

プロミス無人契約機の受付時間ですが、【9:00~22:00】となっております。土日祝日も利用可能なのでとても便利ですね。ただ、一部店舗では営業時間が異なることがありますので、詳しく知りたいという人はプロミス公式HPで店舗ATM検索ページをチェックしてみて下さいね。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みの必要書類は基本的には運転免許証のみです。希望借入額が50万円を超えると収入証明書が必要となります。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの説明を添付しましたので参照して下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

Q.プロミス審査の「お勤めの確認」とは?職場に在籍確認の電話があるのですか?電話なしにできませんか?

A.勤務先にプロミスから在籍確認の電話は必ずあります。

「ご本人様がお勤めされている事」を確認・・・ということで、本当に申請したその会社で働いているのかどうか、嘘ではないかという確認のため勤め先に電話がかってきます。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。たとえあなたが不在だったとしても、「今日はお休みです。」「外出しております。」という回答であなたが普段はその会社に勤めているということがわかるのでそれで在籍確認はOKとなります。

プロミスの基礎知識コラム

プロミスでのキャッシングを契約する場合は勿論、利用限度額も重要です。



借入限度額が50万円以下なら、本人確認書類として運転免許証を提示するだけで契約可能だからです。


スマホ申込した後にプロミスなどの無人契約機でカードを受け取りATMで引き出す方法もあります。

しかし、希望限度額が50万円を超える額だったり、他社からの借入と合算して100万円超だったときは、所得証明書の提出を求められることになり、事務手続きが少しばかり繁雑になるのです。

生活保護受給者がお金を借りたいと思っても、キャッシングで融資を受けることはできないでしょう。ただ、現状として収入があると偽って申込している生活保護受給者も多いようです。プロミス無人契約機なら誰にも会わずにお金を借りれます。



しかし、嘘が分かってしまえば、今後一切の生活保護の受給ができなくなるでしょう。


すべての手続を現金で行うなど、さまざま根回しをしてみたところで、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。

プロミス無人契約機なら誰にも会わずにお金を借りれます。
時々、審査なしや生活保護受給者も高額融資などと甘い宣伝文句を掲げている業者がありますが、いわゆる悪徳な違法業者ですから、絶対に関わらないようにしてください。まだキャッシングでお金を下ろせるハズなのにもかかわらず、ATMで手続きをしようとしたらなぜか借入不可能になっているケースがあると耳にします。


恐らく、キャッシングの利用が停止されてしまったのでしょう。
主な理由としては、キャッシングの利用中に、他のプロミスでのキャッシングサービスと契約を結ぶと、総量規制の問題で借入を制限されてしまうことが多いようです。
結果的に、手持ちのカードは返済専用として使うしかありません。定期的な収入があれば契約社員であっても、借入が可能です。

スマホ申込した後にプロミスなどの無人契約機でカードを受け取りATMで引き出す方法もあります。

その審査で最も重視されるのは、これまで勤務していた期間です。何度も勤務先が変わっていたとしても、派遣元の会社に在籍している期間が長ければ全く問題ありません。さらに、社会保険証が発行されていればそれを出すだけで、審査で優遇されるメリットがあります。


プロミスなどのカードローンの契約は利用者とは違う人の名前で行うことは認められていません。
常に名義人と本人が一致していなくてはなりません。これは仮に夫の稼ぎをあてに無収入の妻が契約を行う場合でにも当てはまり、名義人を妻本人として契約を交わさなくてはなりません。
本人の責任においてローンの支払いをしなくてはなりません。


仮に生計を一にする家族である場合にも、他の人の名前を用いて契約するのは違法行為に当たります。

もし、承諾していた場合には、本人と同様に名義を貸した人も犯罪行為をしたことになってしまうでしょう。今の時代、インターネットのおかげでもあって簡単にキャッシングできるようになりました。

お金が必要な時に役立つということもあって、利用者が増加傾向にあります。
さまざまな業者がキャッシングサービスを提供している今日では、消費者金融系以外にも、クレジット会社が発行しているカードにキャッシング枠があるもの、銀行系のキャッシングなど、多くの業者が参入しているため、キャッシングは世間に定着しているようです。
プロミス無人契約機なら誰にも会わずにお金を借りれます。
逆に、すぐに現金を手に入れることができるのでお金を返さなければならないという意識が薄れてしまう人もよく見かけます。いくら簡単に融資を受けれるからといっても、借金であることには変わりません。自分のお金とキャッシングのお金は分けて考えるよう、常に意識しておきましょう。
お金を借入する際、何社までなら利用できるという規則がカードローンには存在しません。そうはいっても、実際に利用する際、同時に利用可能なのは三社くらいが限界だといわれています。

それ以上になると、まだ申込の段階で、そのときの返済状態がどうであっても、断られることがほとんどでしょう。借入件数が多い人というのは、新たな借入を行って、これまでに作った借金の返済をすることもよくあるからでしょう。銀行などの乗り換えローンの説明では、今借り入れている消費者金融から借り換えをしたら、現在よりも返済額が減って毎月の返済の負担が少なくなると言われますよね。
やっぱり、消費者金融はその目的に関係なく手軽にお金を借りられることから、金利が高くなっているのでしょうか?現金を借りるといっても、色々な分類のキャッシング方法があります。その中の1つのリボルビング払いとは、月々あらかじめ決めておいた一定の額を返済していく方法です。スマホ申込した後にプロミスなどの無人契約機でカードを受け取りATMで引き出す方法もあります。返すプランを立てやすい反面、金利が高くついたり、返済を終えるまでに時間がなくてはならないというデメリットもあるのです。

カードローンが使えるのはよくある普通のクレジットカードではなく、信販会社や銀行などのローンカードに限られますが、CMなどで聞いたことはあっても持っている人は多くないかもしれませんね。どのカードにもあらかじめ借りることの出来る総額が登録されており、それぞれの収入に応じて、その3分の1を限度とした貸し付け額を守る、厳しい法律が近年定められたのですが、総量というからにはそれは1件1件のカードごとの決まりということはあり得ず、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと対象になるので、考え落としの無いよう気をつけましょう。
手持ちのローンカードで既に50万円の借り入れをし、現在返済中だとすると、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分がすぐにわかります。
年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。



プロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

今すぐ借りるならこちら↓