プロミス審査甘い

\プロミス無人契約機で借りる/

トップページ > 滋賀県 > 高島市

滋賀県高島市周辺プロミスをお探しではありませんか?高島市のお近くにあるプロミスの店舗や無人契約機で今すぐお金を借りたいとお考えなら、お手持ちのスマホで事前にネット申込みを済ましておきましょう。契約機ではカードを受け取りATMで引き出すだけ!

PCスマホからWEB申込してからプロミス無人契約機に行く事でかなりの時間を短縮できます!では早速その流れをみていきましょう。

プロミス無人契約機
WEB申込後に借りる流れとは?

①スマホPCから申し込み

まずスマホなどからWEB申込で審査を受けておく事で契約機内での待ち時間が短縮できます。

ネット審査で審査回答を受け取ってから無人契約機に向かうのがコツ!

②無人契約機で手続き

運転免許証などの必要書類を持ってプロミス無人契約機に行きます。書類をスキャンして提出すれば最短時間でカード発行になりますよ。

また、無人契約機への出入りや待ち時間が多いとリスクが上がります。プロミスでの借入を誰にもバレたくないならスマホからの申し込み後で無人契約機でのカード受け取りをして明細書の郵送なしでメール受け取りを選択しましょう。

③ATMで出金します!

ローンカードが発行されたらプロミスのATMやコンビニなどの提携ATMから融資を受けることが可能になります。

手数料無料でおすすめなのは三井住友銀行の提携ATM!人に見られてもお金借りてるとバレませんからね。

ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座があれば24時間振込キャッシング(瞬フリ)が利用できるのも嬉しいポイント。

\急ぎで借りたいなら!/
今選ばれてるのはプロミス

PCスマホからWEB完結も可能!
評価限度額金利
★★★★★500万円まで4.5%~17.8%
  • スピード融資可能!
  • 30日間利息0円!
  • PCスマホで24時間受付!

【最短即日で審査結果が出る!】
PCやスマホなどネットから24時間365日いつでも申し込み可能なプロミス。審査時間も融資時間も最短即日可能とスピーディな対応が魅力です。正社員以外のパートアルバイトの方の申し込みもOKです。

【はじめてなら30日間無利息】
※無利息にするにはメールアドレスの登録とWEB明細利用の登録が必要

【WEB申込後、無人契約機でカード受取で最速】
誰にも会わずにPCスマホから申し込みし、無人契約機でカードを受け取りすぐにATMから出金できます。せっかく無人契約機に行ったのに待たされた挙句審査に落ちたというリスクもなし!

プロミス無人契約機まとめ

いかがでしたか?
あらかじめWEB申込で審査に通ってから無人契約機に行くメリットを簡単にまとめてみますと、

●時間が早く借りれる!
●無人契約機前で待つ時間を短縮
●契約機で待った挙句審査落ちて借りれないというリスクをなくせる!
ということが言えますね。

事前のプロミスWEB申込が急ぎで借りたいならおすすめですよ。

滋賀県高島市の方向けプロミスQ&A

「借り方が分からない!」
「誰でもすぐ借りれるの?」
「至急!今すぐ借りたい!」

お金で困っている人におすすめのプロミスなのですが、キャッシングの利用が初めての人は不安もあるのではないでしょうか。プロミスに関するよくある質問とその答えをご紹介しておりますので、是非参考にして下さいね。

Q.自動無人契約機ではどのくらい時間がかかりますか?

A.30~40分程度です。

通常ですと30~40分程度と言われていますが、もちろん個人の状況により異なります。事前にPCスマホなどからインターネット申し込みをしておくと無人契約機での手続き時間が短縮されるのでおすすめです。

Q.プロミス自動契約機の営業時間は?

A.9:00~22:00です!

プロミス無人契約機の受付時間ですが、【9:00~22:00】となっております。土日祝日も利用可能なのでとても便利ですね。ただ、一部店舗では営業時間が異なることがありますので、詳しく知りたいという人はプロミス公式HPで店舗ATM検索ページをチェックしてみて下さいね。

Q.プロミスの審査を受けるための必要書類は?

A.運転免許証のみ※です!

プロミスへの申し込みの必要書類は基本的には運転免許証のみです。希望借入額が50万円を超えると収入証明書が必要となります。 ※運転免許証以外の必要書類についてはプロミス公式サイトの説明を添付しましたので参照して下さい。

●本人確認書類
・「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」をご用意ください。
・外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせてご用意ください。
・「健康保険証」と「+1点(例:住民票)」が必要となるのは、ご来店によるご契約手続きの場合です。
●収入証明書類
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま
上記条件に該当する方は、次の書類の中から1点をご用意ください。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
・賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。
※上記に該当しないお客さまは収入証明書類のご提出は不要です。

Q.プロミス審査の「お勤めの確認」とは?職場に在籍確認の電話があるのですか?電話なしにできませんか?

A.勤務先にプロミスから在籍確認の電話は必ずあります。

「ご本人様がお勤めされている事」を確認・・・ということで、本当に申請したその会社で働いているのかどうか、嘘ではないかという確認のため勤め先に電話がかってきます。 ただ、プロミスからの電話は担当者の個人名でかかってきますので「プロミスですが・・・」と名乗ることはありませんのでご安心ください。たとえあなたが不在だったとしても、「今日はお休みです。」「外出しております。」という回答であなたが普段はその会社に勤めているということがわかるのでそれで在籍確認はOKとなります。

プロミスの基礎知識コラム

キャッシングでは品物ではなく、現金を手に入れることができます。



生活費や急な付き合いなど、どうしてもお金が必要な場合には、とても便利に使うことができます。しかし、借りて使ってしまえば、あとに残るのは返済義務です。それも利息をつけて支払うことになります。もしプロミスでのキャッシングで何かの費用を賄おうと思ったら、自分の収入に見合った額かはもちろん、月々の支出に加えても大丈夫な額か検討し、どんぶり勘定は禁物です。

必要以上に借りないことと、財布と借金がゴチャ混ぜにならないよう自己確認するのも大切です。
あとでストレスを感じないためにも、忘れないようにしてください。借り入れ(キャッシング)をしてお金を工面したいというときにはたくさんの貸金業者から最適な所を選ぶかと思いますが、そういったときのポイントとして、何よりも特によくチェックしていただきたい点なのは貸金業者が設定している金利についてです。パッと見は大した差がないように思っても、百万単位など大金を借りたいというときや、長期にわたって少しずつ返済したいという際には支払わなくてはならないお金を計算してみますとハッキリと違いが出てくることが分かるはずです。



土日祝日にお金が借りたい場合はプロミス無人契約機でお申込することもできますね。カードローンに少しでも得を求めるなら、有効に無利息期間サービスを利用することです。
業者によって期間に違いはありますが、契約から30日間が大半で、期間内の返済であれば無利息となります。返済が期間のうちに終わらなかったとしても、全ての利息が請求されるわけではありません。利息が生じるのは期間を終えてからの日数に対してのみです。よく耳にするキャッシングという言葉は、貸金業者からあくまでも金額的には少ないお金の貸付けを受けるという意味合いを持っているのです。

本当ならば、お金を借りたいと思ったら、万が一のことを考えて代わりに支払う人や、お金になる物を用意しなくてはなりません。


ですが、一般的にキャッシングと呼ばれるものですとあえていろいろな保証となるようなものを先に用立てておく手間を省いてすぐに現金を手にすることが出来ます。パスポートや免許証など本人だと証明できるものがあれば、余程のことがない限りは貸し付けをしてもらえます。

多くの場合、カードローンの契約の際、身分証明書のみ必要となってきます。

例外として、50万円以上の借入の場合や、安定した収入がある給与所得者以外だったら、同時に収入があった証になる公的書類も必要になるでしょう。
それに、勤務先に電話で行われる在籍確認を書類を出すことで行いたい場合、状況に応じた代替品を用意しておきましょう。

お金が必要になった時にはキャッシングを利用しましょう。



ネットや電話で簡単に手続きができるうえ、当日中にお金を振り込んでもらえるケースもあり、お金に困った時には役に立ちます。

一般的に、キャッシングの際にはカードが必要になりますが、2、3日後に郵送で届く、あるいは、最寄りの店舗窓口で取得できるでしょう。
このカードを使えば、例えばコンビニや銀行のATMなど、キャッシングできる場所が多くなるので、キャッシングを便利に使うには、カードが必需品になります。

プロミスでのキャッシングとカードローンは同じようにATMで借りることができるので違いがよく分からないですが、お金の返し方が異なっているのです。プロミス無人契約機なら誰にも会わずにお金を借りれます。
プロミスでのキャッシングは一括払いがスタンダードで、カードローンは分割払いがスタンダードになります。

ですが、ここ最近ではキャッシングでも分割やリボ払いの方法を選べるところもありますので、はっきりとした区別が少しずつ減ってきています。



貸金業規制法の改正によって1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収金額を証明することが義務付けられていますが、ひっくり返して言えばそれより少なければ年収額を証明する必要がないとも考えられます。


ただし、それに満たなくても年収証明を提出できるほうがより良いとは考えます。ときどき、インターネットや雑誌の中で現金が必要な時に、クレジットカードの現金化を勧める広告が掲載されていることがあります。

ショッピング枠を使って現金を得る、とのことですが、いわゆるキャッシングと同じものだと考える人もいるでしょう。



一見、似たもののように見えますが、実際は全く違います。金融機関からお金を借り入れることをプロミスでのキャッシングといい、クレジットカードを使った現金化については、そのカードで換金性の高い商品を買い、それを専用の業者に売ることを指します。

カード会社はこうしたクレジットカードの現金化に罰則を設けています。



クレジットカードで買った商品は返済が完了するまで、カード会社の所有物となるからです。発覚すると利用停止のリスクがありますし、現金化で得られたお金とクレジットカードの返済額を考えると、結果的に損したのと変わらなくなってしまうでしょう。


どんなに呼び方を変えても、結局のところ、カードローンというのは借金であることを忘れてはいけません。できれば使いたくないものです。
ですが、緊急時の備えとして契約だけ行っておくこともできます。
必ずしも契約と同時に借入をする必要はありません。

キャッシングの専用カードだけ作っておいて、急な出費に対してカードローンを利用するという上手い使い方もできますよ。

滋賀県高島市の方向けプロミスお役立ち情報

\プロミスすぐ借りれる/

滋賀県高島市で今すぐ借りるならこちら↓